1. ホーム
  2. ハンドサイン

最初に基本をしっかりと覚えましょう!

以上、ここまで新人キャバ嬢に大切な幾つかのテーブルマナーやハンドサイン等についてご紹介させていただきました。

簡単にまとめると、キャバ嬢としてお金を稼いでいくためには、最初にキホンになることをしっかりと押さえていくのがスキルアップのポイントです。

ハンドサインを覚えておくのは勿論大切なことなのですが、サインは働いている内に嫌でも覚えてしまうものです。
それよりも、テーブルマナーや身だしなみ等の普段気にしているけれど、ちょっと気を抜いてしまうことがある様な所をしっかりとしておくことがとても大切なのではないでしょうか。

一番大切なのはテーブルマナー

お客様はしっかりとお金を払ってくださっているだけあって、特にマナーなどを見られていることも多いものです。
指名を取るためには何よりもテーブルマナーが一番大切だと覚えておいてください。

明るく楽しく、姿勢はちゃんと正して、よく気の効く聞き上手の女性はどこに行っても需要が高くて、しかもモテます。

メイクや服装などの身だしなみもそうですが、お客様の多くは楽しんだり癒されたりするために来ているもの。
相手の要望をしっかりと汲み取って、指名をもらえるように頑張ってみてください。

そして、最後にまとめとして大切なことを言います。
くれぐれも飲みすぎは注意、飲みすぎは注意です。
しっかりと覚えておいてくださいね!

アイス(氷)交換

グラスの中に入った氷を交換するハンドサインもあります。
親指と小指を広げて、それ以外の指は閉じます。
これが氷交換のハンドサインです。
電話をかけるという仕草をする時の手の形をイメージしてもらえばわかりやすいと思います。
グラスの中から氷が無くなる前に交換した方が良いので、タイミングを見計らって交換しましょう。

グラス交換

グラス交換はお客さん用とキャスト用によってハンドサインが違います。
お客さん用のグラスを交換したい場合は、親指と人差し指を広げ、それ以外の指は閉じて、Lの形を作ります。
キャスト用のグラス交換は親指と人差し指で小さなグラスの大きさくらいに広げた形を作ります。
キャスト用のグラスはお客さんのグラスよりも小さめなので、小さめの形のハンドサインなんです。

灰皿交換

灰皿はたばこが1~2本溜まったら交換します。
灰皿交換のハンドサインは両手で丸を作る、これだけです。
灰皿の形のようなので、とても覚えやすいと思います。
たばこがたくさん溜まってしまう前に必ずこのハンドサインをしましょう。

指名で大切なコールサイン

新人キャバ嬢のための、テーブルマナー講座ハンドサイン編。
続いてのシチュエーションは指名が入った時に必要になってくる大切なコールサインです。
フリーは使うことはないので、そこも注意してくださいね。

さて、入店して実際に本指名や場内指名が入ると、そこからは自分でしっかりと接客をする必要があります。
その中でも大切なのがやっぱり「注文時のマナー」です。

まずはメニュー表を頼むハンドサイン

まず、キャバクラでは飲み物やおつまみ、フード・ボトルを頼む際にはメニュー表を最初にお願いすることになるので、その際にボーイさんに伝えるためのハンドサインがあります。
それはとても分かりやすいものですが、手のひらで本をイメージした形にするのです。

たまに飲食店でも癖なのか同じポーズでメニューを頼む女性がいるのですが、大抵の場合はキャバクラで覚えてしまった性のようなものなので、うっかり外で同じポーズを取らないように注意が必要ですね。
また、大抵のお店だとメニューは1種類だけだけど、お店によっては飲み物やフードなどはメニューを出している場合もあるので、ハンドサインも含めて確認しておいてくださいね。

最後にもう一度。
フード・ボトルを頼む際にメニュー表を貰うためには、手のひらで本をイメージした動きをとるのですが、フリーは使うことはない、と覚えればきっと完璧です!

お会計の時のハンドサイン

新人キャバ嬢のためのテーブルマナー講座、ハンドサイン編。
引き続いてのシチュエーションは、自分がついていたお客様がたっぷり遊んでくださって、いい感じに時間も過ぎてきた頃に必要になるお会計のためのハンドサインです。

ちなみにお会計はキャバクラでも他の飲食店などと一緒で「チェック」という言葉を使う事が多いので覚えておいてくださいね。
お客様自体も慣れている場合にはお会計してください、ではなく、チェックしてください、と言われることもありますのでしっかり忘れないようにしてください。

チェックと言われたら×マーク

それでは、お客様が「かえります」となった際に使うコールサインですが、両手の人差し指で×マークを作ってボーイさんにお知らせしてくださいね。

この×マークは意外と色んなお店で使われているので、なんとなく知っている女の子も多いかもしれません。
キャバクラでも同じように両手の人差し指で×マークを作るだけなので簡単ですね。

この他にも延長する際にはまた別のハンドサインがあったりするのですが、このハンドサインに関しては比較的どこのお店に入店したとしても変わることはないのではないでしょうか。
どこに行っても使うサインなので、覚えておいて損はなしですね!

  • 1